2016年4月5日火曜日

川越 五ツ星お米マイスターの小江戸市場カネヒロは大きく変わります。

株式会社ライスセンター金子は経営革新を図りこれからの日本農業の活性化を推進してゆきます。日本の食の安全を守り農業は国の礎であります。
日本には数千年という長い歴史の中で、民族固有の食文化を守ってきましたが、戦後の経済成長時に急激に欧米の食文化を吸収してしまいました。
もともと農耕民族で穀物を主食としてきたところへ肉食の文化は体が受け付けない体質でしたが
・・・日本人は大腸の長さが長いのでお肉をたくさん食べた場合腸に負担がかかります。
大腸がんになる確率は年々多くなっています。
昨今のもち麦の急激な購買は、元の食文化を取り戻す揺らぎではないかと思います。
雑穀エキスパートがいる小江戸市場カネヒロでは様々な雑穀があります。
もちろんもち麦も良いのですが他にもいろいろな雑穀を販売しています。
健康寿命を少しでも長くして若々しい健康でいたいものです。


米油にはガンマ・オリザノールは摂取することで腸の中で食べ物に含まれているコレステロールの過剰な吸収をブロックし、血液中にコレステロールがたまるのを防いでくれる働きがあり、その結果、コレステロール値を低下させ、動脈硬化を予防してくれるんです。